盛土補強土壁工法は合理的な工法です。
特  徴
工期の短縮 表面保護パネル(縦1.2m×横1.8m)1枚に付き1本の補強材という効率配置により補強材数を減じ、工程短縮、コスト低減を図ります。

壁面変形が少なく美観に優れる 補強材は、摩擦抵抗と支圧抵抗の組合せで構成されています。摩擦プレートによる摩擦抵抗が先ず効果を発揮し、施工中等の壁面の水平変形を抑制します。そして、支圧プレートによる支圧抵抗の相乗効果により、高い引抜き抵抗力を発揮します。

長期間に渡る高品質 補強材の主体となる支圧プレートと摩擦プレートを繊維補強コンクリート製としたため、長期間に渡る腐食安定を排除します。
FILL WALL工法:試験盛土全景
補強材設置 支柱プレート+摩擦プレート
(超高強度繊維補強コンクリート製)
摩擦プレート
(鉄筋コンクリート製)
※当社では摩擦プレートと支圧プレートを製造。 (矢作建設工業株式会社様資料より抜粋)



お問い合わせ先 
 建材営業部
 大阪支店
 0594−86−0580
 06−6945−1868
 中澤・多湖
  今中
 まで

ホーム | 会社概要 | 製品・技術資料 | 施工実績事例 |

(C)2008 Nalux Corporation. All Rights Reserved
本サイトのコンテンツの無断転載を禁止します。